アクセス解析 齋藤一郎さん-FM太白「じょぶネタ!ワン・タイム・トーク」2016-0901

齋藤一郎さん-FM太白「じょぶネタ!ワン・タイム・トーク」2016-0901

エフエムたいはく『じょぶネタ!ワン・タイム・トーク』第22回のゲストは復興起業家の齋藤一郎さんでした。齋藤さんは自分が出演できなかった4月14日のオンエアでは、星名さんがパーソナリティを担当してくれたのですが、自宅でその放送を聞いて、内容がとても興味深かったので、ぜひ一度直接お目にかかりたいと思っていました。

念願かなって再度ご出演いただけることになり、本来は田渋さんが担当の日だったのですが、私もなんとか都合をつけてエフエムたいはくに行きました。そんないきさつだったので、自分はスタジオの中には入らなくてもよかったのですが、田渋さんのご厚意により(というか私のワガママ?)予定を変更して急きょ、自分の方がメーンパソナリティーを務めることになりました。

齋藤さんのお話は、仕事や趣味のお話が中心ですが、やりたいことを実現するためのお話が、ビジネスの進め方として非常に具体的で面白いんですよ。

今回は、前回少し触れるだけだったアパート経営のお話や、それが目的ではなくその資金をつかってシイタケ栽培事業をやりたいこと、それは被災地に仕事をつくって働ける場所を創出するのが目的であること。そして現在はそのために、県が募集するクラウドファンディングに応募する予定であることなど、段取りとステップが明確で聞いていて心地よい進行感なんです。

また、後半は9月に行われる自転車イベント「ツール・ド・東北」にエントリーして、現在は練習に励んでいる話など、盛りだくさんの内容でした。齋藤さんのお話を伺うと、沿岸部の被災地域で行われるこういった大きなイベントは、人もモノもお金も心も大規模に動く効果的な支援でもあるんだな、と思わされます。時間が足りなくて宮城県を訪れる外国人の方との交流のお話や、今、話題のAirbnbのお話まではたどりつけませんでしたが、機会があれば、そちらもぜひ聞いてみたいと思いました。

ところで、エフエムたいはくに行く前に、長町のサイゼリヤで時間潰しをしていたら、数年ぶりに知人に再会!このタイミングのこんなところで、よくもまぁ、見知った人と会うものだ…と、思っていたら、福島在住の彼は今、仙台に寝泊まりして仕事をしているというので、「ウィークリーマンション?」と聞いたら、何やら説明が面倒そうな雰囲気。なにやら直感が働いて、「Airbnb?」と水を向けたら「そうです」とのこと、さらに直感が起動して(笑)「大家さんって齋藤さんって言うんじゃない?」と聞いてみたところがこれが大ビンゴで、知人のほうに驚かれました。「なんで知っているんですか?」「実は今から齋藤さんをゲストにラジオの生放送に向かうところなのよ!」

いやー、ものすごいつながり方ですね。彼と本日のゲストの齋藤さんが知り合いだなんて全然思ってもみませんでしたが、まさに、このタイミングでこの話!ご縁と言うのはすごいな、と思いました。 

番組情報

番組名 じょぶネタ!ワン・タイム・トーク
放送局 エフエムたいはく 78.9MHz
放送時間 19:30~20:00
ゲスト 齋藤一郎さん (復興起業家/株式会社エステート齋藤 代表取締役)
パーソナリティ 笹崎久美子 (人材育成コンサルタント/ワッツ・ビジョン 代表)
田渋あづさ (プロコーチ)
佐藤好彦 (プロコーチ/コーチらしんばん 代表)

お問合せ:笹崎久美子
仙台市太白区柳生2丁目28-4 TOHOビルAソリスト
TEL 022-796-8604 FAX 022-774-2401
メールは<こちら>から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする