アクセス解析 ジョブズ本の「よりかは」というジョブズ言葉の翻訳は方言でないの?

ジョブズ本の「よりかは」というジョブズ言葉の翻訳は方言でないの?



スポンサーリンク





「スティーブ・ジョブズの言葉」という本で「よりかは」というジョブズの言葉(?)が気になった件


以前(2011年)、ある方と二人で高校のビジネスマナー講座に向かった時に(共に講師)、
移動の車中で伺った相手の方のお話が大変参考になるものだったので、
持参していたデジカメで動画を撮らせてもらいました。
その方は、大手ハウスメーカーで採用などの人事に関わっていた方で、
「見た目の重要性」を、本音でお話してくれました。(動画公開はご本人の了解済み)
▼それが以下です。インタビュー形式で答えてくださっています。

ところが自分の質問内容を聞いてみると、
開始後、01:02あたりで「悪い人をチェックするっていうよりかは・・・」といっているんですよね。
この「よりかは」という表現に対して、きちんとした標準語を使っていないという反省があり、
何度聞いても、ここの部分になると、あちゃー・・・と思ってしまいます。
(プロじゃないので別にいいんですけどね^^)

「よりかは」という言葉は、個人的には方言のような気がしていますが、
我が家は家族全員でよく使います。私も夫もよく使うし、東京にいる妹も使います。
もし、方言でなければ、俗語の部類になるのでしょうか?
少なくとも、ニュースを読み上げるアナウンサーが使う言葉遣いではないですよね。
「A案”よりかは”B案がよい」なんて、アナウンサーは言わないもん^^

似たような話し言葉で(”は”を抜いた)「A案”よりか”B案がよい」という言い方もありますが、
私はそちらはあまり使わず、「よりかは」のほうをよく使います。
どちらにしても、私の感覚では、方言ですね。または大衆的でちょっと田舎っぽい俗な言い方という感じ。

「AよりBがよい」→「AよりかBがいい」→「Aよりかは、Bがいい」という田舎っぽさが高まる感じは、
(↓↓↓例としてちょっと違うとは思うけど)
「Aと言ってはダメ」→「Aとか言ってはダメ」→「Aとかって、言ってはダメ」というのと、
私の中ではイメージ的には似ていますw
「か」が入ると語感が強まるので、話し方にインパクトが出るんですよね。(その分、品は落ちる(笑))

たぶん、「〇〇より〇〇」という、すんなりしてどこにも引っかかりのない言い方よりも、
間に「か」の音が入ったほうが、比較の度合いが語感で強調されるし、
トークの流れにメリハリがつくので、比較的重宝で使いやすい言葉なのだと思います。

別に変に気取ってインタビューをしたいわけではないので、
地が出ていいといえばいいのですが、
ちゃんとした敬語でちゃんと話したいと思ってしゃべっている状況下で、
無意識にこういう言葉を使っているところに、自ら軽く衝撃を受けたわけですね(笑)
私は講師業なので、電話応対研修などで、正しい言葉遣いをしなくてはならないときには、
気を付けなければダメだなー、と思いました。

ところが昨日、ローソンでふと手に取った本で、
なんと!この言葉が標準語のように使われている文章を見かけてしまいました!

▼手に取った本は以下。
スティーブ・ジョブズの言葉―愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について

▼問題の(?)ページは以下。

狙ってやったのならいいけど、(または編集会議で論議した末に)、
個人的にはちょっとびっくり。スティーブ・ジョブズが「よりかは」って言うかね(笑)
他の文章が「いいことじゃん」みたいな、俗語っぽい話し言葉ならバランスとれるけど、
これってちょっと違和感あるなぁ。

だがしかし、個人的に驚くべきことには、
「コトノハ」の投稿では、「よりかは」が気にならない人の方が多いのだ!!!
↓ ↓ ↓

「~よりかは」という言い回しに違和感を覚える。 (コトノハ)

えーーーっ!
あ、そうか、これは捉え方にもよるので、私も友達と話すときなら気にならないですよ。
自分も、「よりかは」のヘビーユーザーかもしれないし(^_^;)
でも、正規表現では決してないと思うので、
ちゃんとしたところでちゃんとした文章に使うのは(自分は)ちょっと変かな?と思いました。

どうしても「よりかは」を使いたいなら、
「オレだぢゃ、自分だぢのビジョンに賭げてっから。
んで、「オレだずも」みでなモノをつくるよりかは、いぎなしいいっちゃ」(地元語)
と来たほうが、いぎなしいいですね。(笑)

IMAG0188

スポンサーリンク

★参考になった方はクリックしてね。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする